経営するなら借りられるコインパーキングにしよう

駐車場経営も検討しよう

不動産の運用といえば投資マンションの購入やアパート経営が思い浮かびますが、そのほかにも駐車場経営があります。土地を持て余しているなら、この方法も検討しましょう。

駐車場の工事をするorしない

工事しない

供給があまりないところなら駐車場は整備しなくても借りられるケースは多々あります。そうすればアスファルト舗装などの初期投資の費用もかからなくて済みます。

工事する

車も大事な財産ですから、利用する人も安心して使うことのできるものを選びたいと考えます。駐車場を整備するために工事すれば、借り手も多くなるでしょう。

経営するなら借りられるコインパーキングにしよう

駐車場

自宅か地元で探す

不動産経営の一つとして数えられるコインパーキングの経営ですが、これを始めるなら場所探しが大切です。
土地勘やその地域の状況を知りやすいのは、地元や実家などのよく知っている地域といえますので、まずは身近なところから探してみましょう。

自動車

初期費用を調べる

コインパーキングを作るにはどの程度費用がかかるかも調べておきましょう。駐車できる台数やスペース、土地によって費用は変化します。
加えて、駐車場にロック板や精算機、そしてアスファルト舗装にも初期費用がかかってきますが、アスファルト舗装は一台分で10万円程度かかります。

駐車場

運用中も様々な経費がかかる

初期費用以外にもコインパーキング経営には様々な経費がかかってきます。一番大きな出費となるのが家賃ですが、土地を購入した場合は月々の支払と考えると良いです。
ロック板を使うとなると電気代もかかってきますし、メンテナンスも必要です。

経験者の声を参考にしよう

上記のような経営に関する情報はセミナーやインターネットサイトの体験談により相場を調べることができます。運用すれば駐車場の利用料金がそのまま懐に入ってくるというわけではないので気を付けましょう。