今所有している財産を置いておくだけではもったいない

財産は購入したときよりも高いときに売ることができれば、利益を生み出します。ただ働いて得る給料だけでは財産を増やすことはできないので、今余裕があるなら投資について勉強しましょう。

投資の方法アレコレ

個人年金

老後の資金を増やしたいなら個人年金が最適です。60歳以上にならなければ年金を受け取ることはできませんし、年齢が高まるにつれ支払額は高くなっていきますが、確実に受け取れて安心です。

不動産投資

家を購入するために資金が必要となるので多くの人はローンでマンションを購入しています。すぐにでも収益を出すことができますし、不動産という財産を所有できるのが大きなメリットです。

初心者でも大丈夫

不動産投資は以上のような特徴をもつのでミドルリスクな投資ともいわれます。しかし不動産を購入して運用するノウハウがないと不安です。そんな人でも、セミナーなどが行なわれているのでしっかり学びながら不動産投資に取り組めるのです。

いろいろある投資の中から不動産投資を選ぶ!初心者必見

模型

様々な不動産投資

不動産投資ができる不動産の種類についてみていきましょう。
・新築マンション
・中古マンション
・ワンルームマンション
・ファミリーマンション
・分譲
・一棟
・アパート
以上のような種類があります。

空き部屋

海外にも目を向ける

上級者になるとマンションのタイプやアパート、そしてコインパーキングの経営以外にも海外不動産投資にも注目します。
海外不動産だと利回りが高い地域を狙うことでより収益が期待できるのです。特に今は経済成長をしているアジアに注目が集まっています。

マンション

デメリットやリスクも把握しよう

投資には様々なメリットがありますが、本格的に始めるならリスクやその投資の注意点まで気を付けなければなりません。
海外不動産投資であれば融資の条件が厳しくなることが多いですし、国内でも好立地でなければ店子が集まらないというリスクがあるのです。

空室

様々なサービスの活用

本格的に大家を始めるなら、施設メンテナンスの勉強もしておいたほうがいいでしょう。そこまで不動産投資にかける時間がないという人は、家賃保証会社や投資のアドバイスをくれるコンサルタントの力を活用すべきです。

不動産投資の流れを確認しておこう

模型とお金

資産形成の目的を設定する

不動産投資をするといってもその目的は方法は様々です。不動産を所有していたいのか、不動産を活用して売ることで、さらに条件の良い不動産を購入したいのかはっきりさせなければ計画が立てられません。

事業計画を立てる

物件の検討をするために資料集めをし始めますが、このとき利回りも考えなければなりませんので、家賃相場についても知ることが大事です。資料がそろったら事業計画をたて、キャッシュフローの計算をします。

購入手続き

物件が決まれば購入の手続きに入ります。売主がいれば契約条件を確認することになるでしょう。また、購入には高額な費用が必要なので、金融機関に融資を申し込まなければなりません。契約が終われば家賃が入り始めます。